恒大集団危機、市場警戒 中国不動産大手 東証3万円割れ

会員記事

[PR]

 中国の不動産大手・中国恒大集団の経営危機への不安が高まり、世界で株安が広がった。米株価の20日の急落に続き、21日の日経平均株価の終値は2万9839円71銭と先週末より660円34銭も下げた。中国政府の対応など見通せない面も多く、金融市場の不安定要因になっている。▼2面=迫る期限、12面=社説

 …

この記事は会員記事です。残り624文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら