KMバイオが最終段階治験 コロナワクチン、来月にも

有料記事

[PR]

 製薬会社のKMバイオロジクス(熊本市)は21日、開発中の新型コロナワクチンについて、初期の臨床試験(治験)の結果、一定の有効性と安全性が確認できたと発表した。10月以降に最終段階の治験を始める方針。実用化の目標時期も、当初の2023年度から「22年度中」に前倒しした。

 KMバイオは昨年5月、イン…

この記事は有料記事です。残り223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。