(時時刻刻)東電、安全軽視なお 侵入検知器故障をカメラで代替、甘い認識

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)で発覚したテロ対策や安全対策工事の不備について、東電が調査結果と再発防止策を発表した。安全を最優先にするという福島第一原発事故の教訓は、なぜ生かせなかったのか。再稼働をめざす東電への不信感が強まっている。▼1面参照

 ■火災感知器も100台不備

 東電の小林喜光会長…

この記事は有料会員記事です。残り1908文字有料会員になると続きをお読みいただけます。