入管が権利侵害、認定 弁護団「違憲と鉄槌」 高裁判決

有料会員記事

[PR]

 司法審査の機会を与えずに難民申請者の外国人を送還した国の対応を、東京高裁は「違憲」と判断した。同様の送還事例は多いとされ、今後の強制送還手続きに影響を与えそうだ。▼1面参照

 「日本は難民申請者に対して極めて残酷な扱いをしてきた。裁判所が違憲だという鉄槌(てっつい)を下したことに大きな意味がある…

この記事は有料会員記事です。残り1191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。