AUKUS、怒り収まらぬ仏 国連総会で「ふて寝外交」展開

有料会員記事

[PR]

 米英豪による新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」をめぐり、豪州との巨額の潜水艦建造契約の破棄を通告されたフランスの怒りが収まらない。一方で、バイデン米大統領は新枠組みが同盟国全体に利益があると主張し、豪州も中国の台頭を前に必要な措置だとの姿勢を崩さない。

 フランスは契約破棄問題…

この記事は有料会員記事です。残り1447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。