ドリトル先生 ガラパゴスを救う:132 福岡伸一 叩けよ、さらば開かれん 6

会員記事

[PR]

 親父(おやじ)さんはドリトル先生に聞きました。

「運ぶ荷物というのは、あのゾウガメのことですかな」

「そのとおりです。このままぞろぞろ町に行きますと、ちょっと目立ちすぎますのでね」

「ううむ。しかしですよ、ドリトルというお方、あなたが詐欺師(さぎし)であるとはとうていお見受けいたしませんけれど、も…

この記事は会員記事です。残り729文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら