(2030 SDGsで変える)「三方よし」企業存続の極意

有料会員記事

[PR]

 江戸時代などに活躍した近江商人が大事にし、関西の企業などが受け継ぐ「三方よし」の精神が注目されている。売り手だけでなく、買い手や世間の利益にも配慮するもので、国連のSDGs(持続可能な開発目標)に通底する考え方だからだ。ビジネスの持続可能性を追求した先駆者から学べることは。箱谷真司

 ■売り…

この記事は有料会員記事です。残り3516文字有料会員になると続きをお読みいただけます。