コロナ休業支援金、浮かぶ非正規影響 「会社から休業手当なし」対象 7割が雇用保険未加入

会員記事

[PR]

 コロナ禍対応の特例として、国が整備した「休業支援金」の支出が9月中旬までに1800億円を超え、利用者の7割弱が雇用保険の未加入者だった。勤務先から休業手当を受け取れなかった働き手を国が直接支える緊急策として一定の役割を果たしている。ただ雇用保険から漏れる働き手の多さを示しているともいえ、議論になり…

この記事は会員記事です。残り682文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら