メルケル後、歴史的な混戦か 中道左派ややリード ドイツ総選挙、26日に投開票

有料会員記事

[PR]

 ドイツで約16年間務めたメルケル首相の後任を争う連邦議会選挙(総選挙)が26日、投開票される。世論調査では、中道左派社会民主党(SPD)がわずかな優位を保ったまま最終盤を迎えた。他党も巻き返しを図っており、歴史的な混戦となりそうだ。

 「中庸を維持するか、(左派の)分配だけを考える政策か。日曜…

この記事は有料会員記事です。残り1009文字有料会員になると続きをお読みいただけます。