「説明・言い換えを」3割超 3密・ステイホーム…コロナ関連8語 文化庁世論調査

会員記事

[PR]

 「不要不急」「コロナ禍」「3密」など新型コロナウイルスの感染拡大に伴い多用されるようになった言葉は6割程度の人に浸透する一方、説明や言い換えが望ましいと考える人も3割超いる――。そんな結果が文化庁が24日に発表した2020年度の「国語に関する世論調査」で明らかになった。感染対策のメッセージなどとし…

この記事は会員記事です。残り675文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。