(FOCUS OLYMPICS)五輪・パラ報道、言葉に透けるのは 3.6万超の記事、使われた言葉分析

会員記事

[PR]

 東京五輪東京パラリンピックの報道で使われた言葉を朝日新聞が調べたところ、両大会で明らかな違いがあった。パラでは、家族が登場する記事や、後天的に能力を伸ばしたことを表す「努力」などの言葉を含む記事が多かった。

 ■専門家「健常者と障害者のスポーツ、同じと見ていないのでは」

 テレビや新聞など約5…

この記事は会員記事です。残り1631文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら