(日曜に想う)リアリティーなき戦争の果てに 論説委員・沢村亙

会員記事

[PR]

 その日も抜けるような青空だった。

 2年前の晩秋の昼下がり。私が訪れた米ペンシルベニア州のショッピングセンターは、好天に誘い出された大勢の家族連れでにぎわっていた。はたしてどれだけの人が、目と鼻の先で戦われている戦争に気をとめていただろう。

 通りの向かいに厳重に守られた一角がある。人気(ひとけ)…

この記事は会員記事です。残り1505文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら