ワクチン承認、速さも安全性も 両立を模索、審査見直し検討

会員記事

[PR]

 政府は、ワクチンの承認審査のあり方を見直す方向で近く本格的な検討を始める。新型コロナウイルスのワクチンの承認が欧米から2カ月ほど遅れたことが背景にある。これまでよりも迅速な承認をめざすが、安全性との両立が最大の課題だ。

 新型コロナのワクチンは欧米では昨年12月に米ファイザー製などの使用が認めら…

この記事は会員記事です。残り1113文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。