戦闘開始「国民を守るため」 ミャンマー民主派・副大統領

会員記事

[PR]

 クーデターで権力を握ったミャンマー国軍に対抗し、民主派勢力が樹立を宣言した「統一政府」のドゥワラシラー副大統領が、朝日新聞の取材にオンラインで応じた。統一政府が今月7日に国軍との戦闘開始を宣言した理由について、「何もしなければ国民が虐殺される。生きていくため、民主主義と自由のため、反撃するしか手段…

この記事は会員記事です。残り1708文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら