(現場へ!)自然を育む農業:4 土壌の微生物パワーに迫る

有料会員記事

[PR]

 自然栽培農家の調査を続けている弘前大学名誉教授の杉山修一(66)は8月末、岡山県倉敷市で自然栽培米を作る米田隆昌(48)の田んぼでメタンの放出量を測定した。肥料を使わない田んぼで窒素などの養分がどうなっているのかを、微生物の働きとともに解明する研究の一環だ。

 メタンを利用して、養分となる窒素を土…

この記事は有料会員記事です。残り1165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!