(評・映画)「扉を閉めた女教師」 人間解き放つエロス、豊かに

有料会員記事

[PR]

 城定(じょうじょう)秀夫は見えない映画監督である。20年近いキャリアと100本を超える監督作がありながら、監督として論じられることはほとんどない。ひとつには、その主戦場が「エロス系Vシネマ」と呼ばれる劇場公開されない成人向けビデオだったからである。「作品」より「商品」として扱われるジャンルにあって…

この記事は有料会員記事です。残り544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。