(書評)『ブックセラーズ・ダイアリー スコットランド最大の古書店の一年』 ショーン・バイセル〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■本と人で生まれる小さなドラマ

 衝動買いにもほどがある。なんせ本を買いに行ったはずが、本屋を買ってしまったというのだから。

 時は2000年、場所はスコットランドのウィグタウン。当時30歳のショーンは地元の老舗古書店で雑談をしているうちに、なぜか店ごと買い取ることに。それがいまや10万冊もの在庫…

この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。