(現場へ!)医療的ケア児が学ぶ:3 呼吸器で切り開いた道、今は

会員記事

[PR]

 兵庫県尼崎市の住宅地に子どもたちの歌声が響いていた。人工呼吸器を付け、台車型車いすに乗って講演や旅行のために全国を飛び回った平本歩(あゆみ)さんが、2年間通った善法寺(ぜんぽうじ)保育園だ。歩さんは今年1月、35歳で亡くなった。

 歩さんは卒園後、人工呼吸器を付けて小、中学校、高校で学んだ。大人に…

この記事は会員記事です。残り1160文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら