(around Stage)コロナ下の個人プロデューサーたち それでも落語会開く意地

有料会員記事

[PR]

 昨年来、気になっている。個人で落語会を企画、開催しているプロデューサーたちを。コロナ禍で、寄席や落語会は公演数も観客も激減した。とはいえ、クラウドファンディングで寄付が集まる寄席はまだ幸せだ。劇場を持たない彼らは、徒手空拳で何と闘うのか。

 「お客さんは怒ってる。私はただ謝る。それが2年続いたら…

この記事は有料会員記事です。残り1224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載around Stage

この連載の一覧を見る