(ひもとく)日本政治の現在地 民主的「皇帝」は生き続けるか 石川健治

有料会員記事

[PR]

 二月革命から4年に満たないフランス共和国の大統領は、自らの再選や任期延長を禁止する憲法の改正を画策し、それが失敗するやクーデターを起こして皇帝となり、自分都合の人民投票(プレビシット)で民意を味方につけた。

 強者と弱者の双方から支持されたその男は、「紳士詐欺師」か「俗っぽい高等詐欺師」か「産業騎…

この記事は有料会員記事です。残り1423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。