不正2業者を行政処分 一昨年の発覚後初 フラット35

有料会員記事

[PR]

 長期固定金利の住宅ローン「フラット35」を不動産投資に悪用する不正が多数発覚した問題に絡み、国土交通省埼玉県が、不動産業者2社に業務改善命令を出したことがわかった。一昨年に不正多発が発覚した後、関与業者に行政処分が出るのは初めて。

 フラット35は、独立行政法人住宅金融支援機構が提供する居住用…

この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。