「空箱上場」是非は 素早い上場可能/投資家保護おろそかに? 東証、導入へ議論

有料会員記事

[PR]

 自ら事業は営まず、未上場企業の買収のみを目的とする「特別買収目的会社」(SPAC)を認めるかどうか、東京証券取引所が本格的な検討を始めた。実現すれば新興企業の素早い上場や投資マネーの受け皿につながると期待される一方、本来の手続きを飛ばす「裏口上場」との指摘もある。課題も多く、すんなり実現とはならな…

この記事は有料会員記事です。残り1202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。