(取材考記)第6波へ「ロックダウン」法制化の議論 コロナ対策、強制では理解得られぬ 西村圭史

会員記事

[PR]

 10月から、緊急事態宣言と宣言に準じた「まん延防止等重点措置」がすべて解除された。感染状況の急激な改善は、ワクチン接種が進んだ効果とみられるが、専門家は冬場に「第6波は来る」と指摘しており、岸田政権の対応が問われてくる。

 焦点の一つは、外出規制も想定した「ロックダウン」(都市封鎖)の法制化をめぐ…

この記事は会員記事です。残り727文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら