(寂聴 残された日々:76)卵焼きの思い出 姉と焼いたあつあつ、母の涙

有料記事

[PR]

 わたしの子供のころ、秋は、いつもいい天気だった。

 空は高く、青くすみきっていた。空気はつめたくて、はだかの足やうでに、ふろしきのように、からんでいた。

 十一月に入るとすぐ、学校では運動会があった。亡くなった天皇陛下(明治天皇)の、お誕生日だということで、その記念の運動会であった。

 この運動会…

この記事は有料記事です。残り1158文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載寂聴 残された日々

この連載の一覧を見る