コロナ禍、不登校最多 小中学生19万人、生活の変化一因

有料会員記事

[PR]

 2020年度に30日以上登校せず「不登校」とみなされた小中学生は前年度より8・2%増の19万6127人で、過去最多だったことが文部科学省の調査でわかった。小中高校から報告された児童生徒の自殺者数も415人で最多。コロナ禍による休校など生活環境の変化で、多くの子どもが心身に不調をきたしたことが浮き彫…

この記事は有料会員記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。