(感歓劇)古典を東北弁で 真の翻訳ある限り、怯まない 下館和巳

有料会員記事

[PR]

 東北弁シェイクスピアの初演から四半世紀になる。こけら落としの様子がNHKのニュース7で全国に報道されるや否や、私のもとに数多くの批判の手紙が届いた。「古典をズーズー弁で傷つけるとはけしからん」という趣旨のものが殆(ほとん)どだった。

ここから続き

 私たちは怯(ひる)まなかった。なぜなら、私たちの劇団の思想の柱…

この記事は有料会員記事です。残り1344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。