(評・舞台)歌舞伎座「十月大歌舞伎」 右近の人形、温故知新の魅力

有料会員記事

[PR]

 第1部「天竺徳兵衛(てんじくとくべえ)」はタイトルロールが登場しない世話の場面を抜粋。市川猿之助が、幽霊となる小幡小平次と夫殺しの女房おとわの2役。コロナ仕様の短縮版だが、蚊帳を用いた早替わりの工夫がうまく、39年前に復活した市川猿翁の創意に改めて感嘆する。猿翁の貪欲(どんよく)なまでの芝居っ気も…

この記事は有料会員記事です。残り596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。