(世界発2021)若者の起業、チキンが後押し 韓国、「失業者の墓場」から一転

有料記事

[PR]

 「愛の不時着」など韓国ドラマでよく登場するのが「チキン」と呼ばれる国民食のフライドチキンだ。かつてチキンを売る店は失業した中高年の雇用の受け皿だったが、最近は若者の起業の舞台になっている。チキンが映す時代の変化を追った。(ソウル=神谷毅)

 ■豊かさの象徴、英語辞書にも

 「『チメク』などの韓国…

この記事は有料記事です。残り1803文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。