大きさ・水分量、リスク 乳幼児向けパンで窒息、死亡 国民生活センター

有料会員記事

[PR]

 乳幼児向けの「かぼちゃとにんじんのやさいパン」をのどに詰まらせて1歳未満の男児2人が窒息し、1人が死亡した事故で、国民生活センターは19日、パンの大きさや水分量が窒息のリスクを高めたとする調査結果を公表した。子どもに与えるときは小さくちぎり、飲み込むまで目を離さないよう呼びかけた。

 パンは、カネ…

この記事は有料会員記事です。残り751文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!