(党首走る 2021衆院選)「聞く力」問われる実行力 自民党・岸田文雄総裁

有料会員記事

[PR]

 自民党総裁岸田文雄(64)は、手のひらサイズの青いノートを掲げた。

 「私が長年、国民の声を書きとどめてきたノートであります。国民の声をしっかり聞いて、明日を切り開いていく」

 衆院選が公示された19日午前、福島市土湯温泉町。人口300人ほどの温泉街の一角で、第一声のマイクを握った。東日本大震災

この記事は有料会員記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。