柏崎刈羽の検査、本格開始 テロ対策不備受け 原子力規制委

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)でテロ対策の不備が相次いだ問題で、原子力規制委員会は20日、東電に対する検査計画をとりまとめ、本格的な作業を始めた。26日から現地検査に入る予定で、終了まで1年程度かかるという。

 検査では、福島第一原発事故後のコスト削減の取り組みが今回の不備に与えた影響や、一連の不…

この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!