パワハラで自殺、労災認定 トヨタ販売店従業員、うつ病発症 藤沢労基署

有料会員記事

[PR]

 神奈川トヨタ自動車横浜市)の男性従業員(当時38)がうつ病を発症して3カ月後に自殺したことについて、藤沢労働基準監督署神奈川県藤沢市)が上司によるパワーハラスメントが原因の労災と認定したことが分かった。遺族側が20日、記者会見して明らかにした。認定は6月22日付。

 遺族側によると、男性は2…

この記事は有料会員記事です。残り374文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら