(プレミアシート)「最後の決闘裁判」 男性原理に現代の裁き

有料記事

[PR]

 真実は藪(やぶ)の中――。三者三様の視点でひとつの事件を捉えつつ、各々(おのおの)が自分に都合のいい解釈の物語しか話さない。そんな人間のエゴイズムを抉(えぐ)り出したのが黒澤明監督の「羅生門」だ。一方、リメイクと呼びたくなるような同一の構造とストーリー性を備えつつ、鋭利に男性優位の暴力性を告発する…

この記事は有料記事です。残り756文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。