EU根幹、揺るがすポーランド 右派首相「最高法規は自国憲法」、EU法と溝

有料会員記事

[PR]

 欧州連合(EU)加盟国が従うべき「EU法」の優位性に、ポーランドが疑問を投げかけている。民主主義のありようで批判を浴びてきたことに加え、EUの根幹に触れる問題に発展し、英国のEU離脱(ブレグジット)に続く「ポレグジット」すら取りざたされる。21日のEU首脳会議でも溝は埋まらなかった。

 ■離脱?…

この記事は有料会員記事です。残り1497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。