(天声人語)木枯らし1号

有料会員記事

[PR]

 かくれんぼの鬼の面白さは、目を開けると、世界ががらりと変わっているところにある。たくさんいたはずの友だちが、姿を消している。季節もそんなふうに劇的に変わることがある。〈かくれんぼ三つかぞえて冬となる〉寺山修司▼劇作家の句は、どこか舞台の転換を思わせる。幕あいをはさんで背景が変わるように、いきなり冬…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載天声人語

この連載の一覧を見る