着床前検査、実施容認へ 「流産減らす効果」 日産婦、対象は限定

有料会員記事

[PR]

 体外受精で得られた受精卵のすべての染色体を調べ、異常のないものを子宮に戻す「着床前検査」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は23日、実施を認める方針を示した。臨床研究の中間報告から、「流産を減らす効果が期待できる」と判断した。▼2面=課題も

 受精卵の染色体の数の変化は、子宮に着床しなかったり…

この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。