中国、不動産税を試験導入 格差是正狙う 一部都市で5年間

有料会員記事

[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は23日、日本の固定資産税にあたる「不動産税」を一部都市で試験的に導入することを決めた。まずは5年間の試験期間としているが、習近平(シーチンピン)指導部は不動産市場の安定や格差是正のため、本格導入を目指すとみられる。▼7面=景気失速リスクも

 …

この記事は有料会員記事です。残り489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。