(大志 藤井聡太のいる時代)試練編:7 同い年がプロ入り「追いつきたい」

有料会員記事

[PR]

 将棋の第67回奨励会三段リーグ戦の最終日となった2020年9月26日、四段昇段を決めた3人の奨励会員のうちの1人に注目が集まった。当時17歳の伊藤匠(たくみ)(19)だ。18歳だった藤井聡太(19)と同学年だが、藤井よりも誕生日が約3カ月遅く、現役最年少棋士になるためだ。

 棋士になる夢をつかんだ…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る