(声)教員の多忙、判決を機に改善を

有料会員記事

[PR]

 小学校教員 新田将人(徳島県 59)

 教員の時間外労働に残業代が支払われないのは違法だとして未払い賃金の支払いを求めた訴訟で、さいたま地裁は原告の請求を棄却した。しかし、裁判長は、公立学校教員に残業代を支払わない代わりに月給4%分を一律で支給するとした教職員給与特措法が「実情に適合していないので…

この記事は有料会員記事です。残り348文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る