「コラッツ予想」証明できたら1億2000万円 「数学の面白さ感じて」日本企業が懸賞金

有料会員記事

[PR]

 一見単純そうなのに80年以上も数学者を悩ませている未解決問題「コラッツ予想」の証明に、日本のベンチャー企業が1億2千万円の懸賞金をかけた。問題は小学生でもわかるほど簡単だが、数学者の間では「はまると病む難問」「宇宙人が仕向けた罠(わな)」などと恐れられている。

 コラッツ予想は、1、2、3……と…

この記事は有料会員記事です。残り1507文字有料会員になると続きをお読みいただけます。