自民、過半数確保の勢い 公示前は下回る可能性 立憲ほぼ横ばい 衆院選中盤情勢調査

有料会員記事

[PR]

 31日投開票の衆院選(定数465)について、朝日新聞社は23、24日、全国約38万人の有権者を対象に電話とインターネットによる調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて、選挙戦中盤の情勢を探った。現時点では、(1)自民党は公示前の276議席より減る公算が大きいものの、単独で過半数(233議席)を大き…

この記事は有料会員記事です。残り1008文字有料会員になると続きをお読みいただけます。