(文芸時評)言葉の遅効性 「いいね」で決まる価値に抗う 鴻巣友季子

有料会員記事

[PR]

 「釘子戸」という、土地開発の立ち退きに抗(あらが)う民家を指す中国語があるそうだ。この頑固な姿勢に倣うとユーモラスに宣言するのが、思索の書『何もしない』(ジェニー・オデル、竹内要江訳、早川書房)である。

 原書副題は「アテンション・エコノミーに抵抗して」。聞きなれないカタカナ語だが、ネットのSNS

この記事は有料会員記事です。残り1754文字有料会員になると続きをお読みいただけます。