世論への「外国介入」、シンガポール法規制 SNS投稿対象、あいまい定義に懸念

有料会員記事

[PR]

 外国の政府などがSNSを通じて国内世論に影響を与える行為に対抗するため、シンガポール政府が新たに「外国介入防止法」を設けた。外国人や外国政府の関係するネットでのやりとりに幅広い規制をかける内容で、人権団体などからは批判が出ている。

 防止法は、シンガポールの治安などに悪影響を与えるとわかっている…

この記事は有料会員記事です。残り1047文字有料会員になると続きをお読みいただけます。