(書評)『アイデア資本主義 文化人類学者が読み解く資本主義のフロンティア』 大川内直子〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■直線的な時間感覚に根ざす現象

 わたしはあるとき企業の事業や経営に関わるようになった。そこでまず印象的だったのは、優れた経営者がもつ独特の時間感覚である。今日の次は明日が来る、明日の次は明後日が来る、1000日目の次には1001日目が来る。彼らの脳内には、きっぱりと引かれた数直線の上に、現在から…

この記事は有料会員記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら