共産、協力で存在感 国民堅調、独自の動きも 衆院選

有料会員記事

[PR]

 「野党共闘、野党の候補の一本化があきらかに自民を追い詰めるうえで効果をあげている」。野党共闘の一翼を担った共産党志位和夫委員長は31日夜、こう語った。

 共産は公示前の1週間で、立憲と競合する計23の小選挙区で候補予定者を取り下げた。小選挙区制導入以降で最少の105人となった。志位氏は「ぶれない…

この記事は有料会員記事です。残り1040文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!