(ひととき70年)女性読者の力、認めさせたい 発案者・影山三郎の思い 阪本博志・帝京大教授に聞く

有料会員記事

[PR]

 今秋、誕生から70年を迎えた生活面の女性投稿欄「ひととき」。圧倒的な男社会だった70年前の新聞社で、一般女性から投稿を募ることへの反対を押し切り、この欄を始めたのは、当時39歳の学芸部デスク・故影山三郎でした。その発想はどこから来たのか。影山を研究する帝京大学・阪本博志教授(社会学)に聞きました…

この記事は有料会員記事です。残り1628文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら