選手村からふるさとへ ビレッジプラザ解体、木材を順次返却

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピック選手村東京都中央区)の木造施設「ビレッジプラザ」の解体に伴い、29都道県から無償提供されていた木材が2日、ふるさとへの帰路についた。スギやヒノキなど約4万本が順次返却され、それぞれ地元で再利用される。

 プラザには大会中、銀行やクリーニング店、公式グッズ店などが設けられ…

この記事は有料会員記事です。残り55文字有料会員になると続きをお読みいただけます。