世界は脱石炭火力 廃止声明40カ国 日本賛同せず COP26

有料会員記事

[PR]

 英国で開かれている国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で、脱石炭を目指す動きが加速している。日本は石炭火力発電所への公的な輸出支援をやめることは決めたが、議長国の英国などが求めているのは国内も含めた廃止だ。今後も使い続ける日本への風当たりが強まっている。▼総合4面=化石賞に松野長官は

この記事は有料会員記事です。残り1579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。