(学校に行けない コロナ休校の爪痕:中)夜中まで課題、相談もできず

有料会員記事

[PR]

 高校から送られてきた書類には「退学」の2文字。

 必死に勉強をして入った娘の進学校での学校生活は今年3月、1年もたたずに終わった。関東地方の40代の母親は涙をこぼし、思った。「コロナが、一斉休校がなければ……」

 昨年4月7日、娘は新しい制服に身を包み、入学式を迎えた。式の後、教室で担任は告げた…

この記事は有料会員記事です。残り1291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。