(著者に会いたい)『土になる』 坂口恭平さん

有料会員記事

[PR]

 ■枯れてもまた命は芽吹く 建築家・作家・画家、坂口恭平さん(43)

 パンデミックの影響が出始めた2020年の春、突然思い立って、畑を借りることにした。「スーパーで野菜を買うのが不自然な気がした」から。自宅のある熊本市内の農園に通い、土に触れる日々。本書は、そこから紡がれた思索の記録だ。

 虫に食…

この記事は有料会員記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら